Archive for the ‘蓮如上人*『御文章』’ Category

十劫安心の異安心

12月 10, 2012 - 10:28 am コメントは受け付けていません。

 蓮如上人のお弟子について、親鸞会で聞きました。

 蓮如上人が、『御文章』に何度もその誤りを破ってお
られるのが、十劫安心です。『御文章』2帖目11通には
次のように教えられています。
「『十劫正覚の初より、我等が往生を、弥陀如来の定め
ましましたまえることを忘れぬが、即ち信心のすがたな
り』といえり。これ、さらに弥陀に帰命して、他力の信
心を獲たる分はなし」
 十劫安心とは、「十劫の昔にすでに我々は助かってし
まっているのだから、今さら求めることも聞き歩くこと
もいらぬ」という間違った信心をいいます。一劫は四億
三千二百万年ですから、十劫とは気の遠くなるような昔
であると分かるでしょう。阿弥陀仏が、南無阿弥陀仏の
名号を完成してくだされた時をいいます。
 名号には、一切の苦しみを除き、楽を与える抜苦与楽、
破闇満願の大功徳が収められています。例えれば名号は、
飲めばどんな病気でも治る妙薬ですが、薬のできあがっ
たのを、病気の治ったことと早合点した間違いが、十劫
安心です。薬ができていても、飲まねば病気は治らない
からです。私たちは、阿弥陀仏から、名号を賜って、救
われます。

 親鸞聖人は、
「たとい 大千世界に
    みてらん火をも すぎゆきて
 仏の御名を聞く人は ながく不退にかなうなり」
 この世が、たとえ火の海になっても、その中をかきわ
けて聞法せよ、と仰います。
 蓮如上人また、
「火の中を わけても法は聞くべきに
   雨風雪はもののかずかは」
と、数え切れないほど「早く名号を頂いて、弥陀に救わ
れてもらいたい」と、『御文章』に書いておられます。
 名号が完成した時に、すでに私たちが助かっているな
らば、両聖人とも、「真剣に聞けよ」「早く薬を飲めよ」
と勧められるはずはありません。

称名正因の異安心

9月 1, 2012 - 12:18 pm コメントは受け付けていません。

 親鸞会で、蓮如上人のことを聞いてきました。
 いつも、詳しく教えていただきます。

 北陸には早くから、真宗諸派が進出していました。
 ところが、浄土真宗とは名ばかりの、本当の聖人の
教えと離れた邪義、異安心が横行していたそうです。
 蓮如上人が建立された吉崎御坊は、これら異端の
者たちとの決戦を意味しています。『御文章』を通じて
上人は、平易かつ明快に、信心の正邪を説き切られて
います。

 その一つが、称名正因の異安心です。
 ある日、赤尾の道宗(富山県)が、吉崎御坊に参詣し、
蓮如上人に申し上げました。
「念仏さえ称えていれば助けていただけるのだ、と
思っている人が大勢います。嘆かわしくてなりません」

 これは、称名正因の異安心といわれます。赤尾の
道宗が蓮如上人に申し上げているくらい、北陸に蔓延
していたに違いありません。
 蓮如上人は即座に、その日から四通の『御文章』を
矢継ぎ早に書かれ、参詣者に教示されています。

「ただ口にだにも南無阿弥陀仏と称うれば助かるべき
ように皆人の思えり。それは覚束なきことなり」
                 (三帖目二通)

「ただ声に出して念仏ばかりを称うる人は、おおよう
なり。それは極楽には往生せず」  (三帖目三通)

「ただ声に出して南無阿弥陀仏とばかり称うれば、
極楽に往生すべき様に思いはんべり。それは大に
覚束なきことなり」        (三帖目四通)

「ただ何の分別もなく、南無阿弥陀仏とばかり称うれば、
皆助かるべきように思えり。それはおおきに覚束なき
ことなり」            (三帖目五通)

 浄土真宗の教義の骨格は、
「信心正因、称名報恩」
であり、信心一つで助かるのであって、称名念仏は、
御恩報謝であると教えられています。

「阿弥陀仏は、お慈悲な仏さま、念仏さえ称えていれば、
死んだら極楽、死んだら仏」などという妄言は、真宗の
教えを根本から転覆させてしまいます。
 親鸞聖人や蓮如上人は一度も、「称名念仏励め、
そうすれば助かる」などと仰ったことはないからです。

 親鸞聖人や蓮如上人が教えられていないことを、
どれだけ信じても、真の救いにはあえません。
 まず、正しい教えをよくお聞きしなければならないと
知らされます。

北陸の秘事法門

8月 15, 2012 - 12:18 pm コメントは受け付けていません。

 先回は、蓮如上人時代、東北や、北陸にも秘事法門が
潜行伝播していたことを、浄土真宗親鸞会で聞きました。
 続けて親鸞会で、蓮如上人が北陸に滞在中のことを
聞いてきました。

「越前の国に弘まるところの秘事法門といえることは、
更に仏法にてはなし。あさましき外道の法なり。これを
信ずる者は、永く無間地獄に沈むべき業にて徒事なり」
(御文章二帖目十四通)
 
 ここで蓮如上人は、秘事法門は仏法でない、外道だと、
明らかに仰っています。そんな外道を信じていては、
長い間、地獄に沈んで苦しまねばならないと、ご教示です。

 蓮如上人は、早速、徹底法戦に立ち上がっておられます。
吉崎御坊に滞在されていたわずか四、五年の間に、北陸の
土蔵秘事の者たちがほとんど、秘事を捨て、真実を求める
ようになったのです。

『蓮如上人縁起』には、次のように記されています。

「上人、越前の国に五年の寒暑を送たまうに、かの国に
ひろまる所の秘事法門を執する族、多く改悔懺悔せり」

 土蔵秘事との戦いは、蓮如上人の時代だけではありません。
今も、信仰に悩む同朋たちの心のスキを狙っています。
 決して迷わぬよう、まず、自らが教えをよく知り、
正確に伝えていきたいと思います。

浄祐が去った直後の『御文章』

8月 8, 2012 - 12:18 pm コメントは受け付けていません。

 浄土真宗親鸞会で、蓮如上人のことを、続けて聞いて
います。今回は、前回の話の続きでした。

 浄土真宗の僧侶でありながら浄祐は、土蔵秘事に迷い、
門徒に勧めていました。その浄祐が、東北から、吉水御坊
に参詣し、蓮如上人から、仏教の真髄である親鸞聖人の
教えを厳しくお聞きしました。

 その浄祐が東北に帰っていった後、上人はすぐに、
東北の門徒衆に対して『御文章』を書かれています。
邪義に惑わされぬためです。

 二帖目二通に、このように教えられています。
「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、
無間地獄に堕在すべきものなり」
「親鸞聖人が教えられた正しい信心を獲得しなければ、
極楽に往生するどころか、苦しみの世界に堕ちて
いかなければならないぞ」

 また、次のようにも戒められています。
「弥陀を一心一向に信楽して二心のなき人を、弥陀は
必ず遍照の光明をもって、その人を摂取して捨てたまわざる
ものなり。(中略)この外に、なお信心ということの、
ありという人これあらば、大なるあやまりなり。すべて
承引すべからざるものなり」
 阿弥陀仏に、一心一向に向かう以外に助かる道はない、
「一向専念無量寿仏」以外を言う者があっても、
一切聞いてはならない、と、断言しておられます。

 土蔵秘事は、決して東北だけではありません。
越前(福井県)を中心に、北陸一帯に蔓延していたと
いわれます。今なお、浄土真宗が盛んな地域には、
土蔵秘事が潜行伝播しているから、気をつけねばならないと
聞いてきました。