Archive for the ‘蓮如上人*真実開顕’ Category

日に善悪なし。心がけしだいで、よい日に(2)

12月 20, 2012 - 12:18 pm コメントは受け付けていません。

 前回の話を続けたいと思います。
 仏教では、日の善悪や縁起かつぎなどを否定されています。間違
ったことを信じていては、不幸になるからです。正しい教えのとお
りに実践するのが幸せへの第一歩、親鸞聖人から、真実をお聞きし
ましょう。
 親鸞会で話を聞きました。

 日の善悪や迷信に迷惑するのは、昔だけの話ではありません。現
代も同様です。太平洋戦争時の連合艦隊司令長官・山本五十六は、
縁起をかついで、決まった日ばかり出撃したばかりに、アメリカに
見破られ、多大な損害を受けたといわれます。
 パソコンが普及し、宇宙へ人が往復する時代になった今のカレン
ダーにも、大安、仏滅、三隣亡などが付記され、結婚は大安吉日、
葬式は友引を避けるのが常識のようになっています。
 親鸞聖人は、経典を引用され、「占相を離れよ」「歳次や日月の
吉凶を選ばず」「吉良日を視ることを得ざれ」と重ねて、日の善悪、
吉凶を信じてはならぬと教えられています。
「吉凶の相を執じ、鬼神を祭りて、極重の大罪悪業にして、近く無
間罪を生ず」(『教行信証化土巻』)
 親鸞聖人は、日月だけでなく、墓相、家相、印相、人相、手相な
どの吉凶の占いは、みな迷信であり、無間地獄に堕ちる業であると
まで厳しく戒められています。
 蓮如上人のご教化を受けた朝倉孝景は、ただちに迷信を排除し、
子孫が迷わぬよう、家訓に示しました。「一切の人民を仏道に勧め
入れるを本意とすべし」と、国主としての心構えを後継者に伝えた
といいますから、釈尊教団の発展に尽くしたビンバシャラ王とイダ
イケを見習おうとしたのではないでしょうか。

日に善悪なし。心がけしだいで、よい日に

12月 15, 2012 - 12:18 pm コメントは受け付けていません。

 今日は、友引だから悪い日だ、大安だからよいだろうという言葉
を、時々、耳にします。
 しかし、本当に、その日そのものに、よい、悪いがあるのでしょ
うか。同じ日なのに、よいことがある人もあれば、悪いことが起き
る人もあります。
 親鸞会で、話を聞いてきました。

 越前国(福井県)の守護大名・朝倉孝景は、蓮如上人からご教導
をお聞きした後、十七箇条の家訓を制定しました。「朝倉孝景条々」
として有名です。その中でも注目されるのが、日の善悪を否定した
ところでしょう。
「合戦の時、吉日を選び、方角を考て時日を移す、甚口惜候。如何
に能日なるとて、大風に船を出し、大勢に独向わば、其甲斐有るべ
からず候」(第十三条)
 これは戦国乱世の大名からすれば、画期的なことでした。当時、
教科書のように利用されていた中国の孫子、呉子などの兵法書は、
加持祈祷、占いなど、迷信がかなりの比重を占め、出陣や開戦の日
時、方角などのしきたりを示すものであったからです。実際、武田
信玄や上杉謙信が、出陣を占いで決めていたことはよく知られてい
ます。また、秀吉の九州攻略の時は、抗戦側の島津家が、「明日よ
り悪日」という軍師の勧めを入れて攻撃を中止したために、大敗を
こうむっています。次号に続きます。