蓮如上人と後継者問題

5月 4, 2009 - 1:47 pm コメントは受け付けていません。

継母は蓮如上人に冷たくあたっていました。
しかし、父・存如は蓮如上人を正しく認めていたのです。
それは、存如が蓮如上人に東国への布教を命じたことから分かります。

本願寺では、後継者に親鸞聖人ゆかりの地へと布教させる慣習があります。
そのため、東国へ布教に向かわせるということは、後継者と認めていることなのです。
実質的に次期法主と認められている蓮如上人。
門徒たちの中にも、それを察して蓮如上人に近接する者が現れだします。

継母は、当然それが面白くありません。
後継者であることを正式に示す譲り状。
それを、我が子の応玄にあてて出させようと存如に迫ります。
しかし存如は譲り状を出さず、かといってはっきりと断ることもありませんでした。
やがて、存如は亡くなりますが、そのときまで譲り状は誰あてのものもないままです。
継母はそれをよいことに、家督を応玄に譲ると存如が言い残したと、虚偽を作ります。
そのように事態が動くと、応玄に門徒が近接するのは必須。

しかし、その中でも如乗だけは蓮如上人を支持し続けます。
如乗は蓮如上人の叔父で、瑞泉寺(越中)と本泉寺(加賀)を掛け持つ実力者です。
譲り状がないので、独断で応玄を後継者とすることは許されないこと。
また教学力、布教力の点で蓮如上人こそが相応しいと力説します。
これに、応玄を支持しだしていた門徒も賛同するようになるのです。
結果、正式に後継者となった蓮如上人。
継母は悔しさのあまり、経論や聖教を奪って応玄とともに加賀へと去って行きました。

しかし、ことはここでは終わっていません。
蓮如上人が法主となってからの3年後、加賀の地にて継母が亡くなります。
継母には冷たくされていた蓮如上人ですが、継母の葬儀に出席されます。
遺体を納めた輿と共に進まれるなど、養育の恩を示す蓮如上人。
その姿にいたく感銘した応玄は、寺宝全てを返却して過去の行いを悔いたのです。

Comments are closed.