三井寺に、聖人の御真影。犬塚のエピソードも。

5月 1, 2010 - 11:10 am コメントは受け付けていません。

 これまで、何度も紹介したように、蓮如上人は、延暦寺から、執拗に
お命を狙われていました。

 ところが蓮如上人は、文明元年(1469)、三井寺(滋賀県大津市)の
敷地内に、小堂を建立なされ、親鸞聖人の御真影を安置されています。
三井寺は延暦寺と同じ天台宗の寺院です。

「なぜ、そんなところに?」と思われる方があるかもしれません。

 実は、当時、三井寺と比叡山は敵対関係にあったからです。それも、
合戦に及ぶこと幾たびもあったほど険悪でした。さすがの比叡山も、
三井寺の勢力圏内に手を伸ばすことはできません。
そこを見抜かれての、蓮如上人のご決断でした。

 もちろん、境内に親鸞聖人の御真影が安置されれば、今や急成長を
遂げる本願寺門徒が群参し、寺一帯が繁盛するだろう、という三井寺の
打算も加わっていました。

 そのうち、この小堂は、「顕証寺」と名付けられ、山科本願寺が
建立されるまで、畿内で中核をになう重要な役割を果たすことになります。

場所は、京阪電鉄上栄町駅(大津市)から北へ100メートルほど
行ったところにあり、三井寺からは一キロ以上離れています。かつて、
この一帯が三井寺の敷地だった証であり、強大な勢力を誇っていたことが
分かります。

 その顕証寺と上栄町駅との間には、大きなけやきの木があります。
民家の屋根より高くそびえ、幹まわりおよそ6,8メートル。根元に
「犬塚」と刻まれた石碑が立ちます。

 蓮如上人に深い関係があり、文化財にも指定される犬塚の由来について、
親鸞会で話を聞くことができました。

 蓮如上人は、ある犬を大変かわいがられていました。いつもは外で
元気に遊ぶその愛犬が、なぜか、上人のそばを離れようとしない日の
ことです。
 食事時、蓮如上人が、料理に向かわれるや、突然、その愛犬が
飛び込んできて、お膳をひっくりかえし、一気にご飯をかっこみます。

すると、どうでしょう。

たちまち苦しみだし、血を吐いて死んでしまったではありませんか。
金に目がくらみ、比叡山の言いなりになった男が、上人に出す料理に
毒を盛っていたのです。
 あわれ、犬が一命をもって、比叡山の卑劣な手段の身代わりに……。
 蓮如上人は、犬を痛くはかなみ、手厚く葬られた後、その塚にけやきを
植えられました。

 下手人を死刑にしようとする三井寺側を制し、蓮如上人は、諄々と
仏法を説かれ、お慈悲に感泣したその男は、やがて上人のお弟子となり、
生涯尽くしたといいます。

Comments are closed.