鬼に襲われた時、清は。

9月 4, 2010 - 11:27 am コメントは受け付けていません。

 「嫁威し肉附の面」の由来について、親鸞会で続きを聞くことが
できました。

(先月までのあらすじ)

 蓮如上人が北陸布教の拠点とされた吉崎御坊(福井県)近くに
住む清は、突然、主人と二人の子どもを立て続けに亡くす。それが
縁で、真剣に聞法するように。
 だが、同居の姑は、熱心に吉崎へ向かう嫁の態度が気に入らない。
たくさんの仕事を言いつけ邪魔をするも、聞きたい一心の清は、
難なくこなして吉崎へ。
 思案の末、姑は、清の通る道で待ち構え、鬼の面をかぶって
襲い掛かった。

 ところが、清は、出てきた鬼にひるむどころか、

「はまばはめ 食わば食え 金剛の 他力の信は よもやはむまじ」
(私を取って食うなら、食えばよい、
 しかし無上仏より賜った他力金剛の真実信は、
 絶対に壊すことはできないぞ)

と一首、口ずさみ、また念仏称えながら、吉崎への道を急ぎ足で
駆けていきます。

 思わぬ展開に姑は、嫁が帰る前にわが家へ戻り慌てて面を取ろうと
しますが、どうしたことか顔に張り付き離れません。無理にはがそうと
すると肉が剥がれんばかりです。

 そのうち、嫁が帰ってきました。清が家に入ると、先ほどの鬼が
いるではありませんか。
 観念した姑は泣き崩れ、
「わしだ。許してくれ。鬼の面が取れなくなってしまったんじゃ。
助けてくれ」
と、ありのままに清に打ち明けました。
「まあ、お母さまでしたか」
 清も力を合わせて面を取ろうとするが、どうにもなりません……。

 上人を頼って、姑と二人、御坊を訪ねました。
 苦しむ姑に、蓮如上人は、どんな人でも必ず助けたまう弥陀の本願を
懇ろに説かれました。

 初めて聞く真実の仏法の素晴らしさに、嫁の聞法を邪魔してきた
これまでの悪行におののき、心から懺悔したのです。
 すると、鬼の面は、ぽろりと落ちたといいます。

 有名な「嫁威し肉附の面」の由来です。

Comments are closed.