岩屋の名号。教えの隆盛と、その後

2月 8, 2012 - 9:50 am コメントは受け付けていません。

(前号の続き)

 先月に続き、福井県南越前町(旧・今庄町)の
山奥に残る「蓮如上人遺跡」の話です。
 爆発的な浄土真宗の発展をねたんだ他宗から
命をつけ狙われた蓮如上人は、危険が及ばなく
なるまで岩窟に身を隠されました。その間、給仕を
続けたのは、地元の老婆でした。

 危険が去った後、別れを惜しむ老婆に上人は、
「南無阿弥陀仏」の御名号をお書きになり、
「恋しくば 南無阿弥陀仏と称うべし
     われも六字のなかにこそ住め」
と詠まれたといいます。
 岩窟は「蓮如窟」、中にご安置されている
ご名号は「岩屋の名号」といい、五百年もの間、
地元の人々に語り継がれてきたといいます。
案内板の最後は、
「蓮如上人の遺徳を偲び、参詣者のたえまがない」
と結ばれていました。

 では、今はどうなっているか?
「御名号」ではなく、地蔵のような石像が立ち、
周りに賽銭やお供物が散乱、仏像らしきものが、
いくつも並んでいるといいます。
『二十四輩順拝図会』(江戸時代の文献)には、
こう記されています。
「敦賀より六里に今庄の宿あり、夫より又三里
傍に芋ケ平という所あり、昔、蓮如上人、爰に
窮せられ給いし旧跡なりとぞ、岩の空虚なる中に、
六字の名号あり、則蓮師の御筆也と云伝えり」
(二十四輩巡拝図会)
 少なくとも江戸時代までは、こんな状態では
なかったのでしょう。
 しかし、いずれの地いずこの里も、親鸞聖人、
蓮如上人が、身命をなげうって明らかにして
くだされた教えが伝わっていないと知らされます。

Comments are closed.