切り刻んでも飽き足りぬ

4月 2, 2012 - 1:57 pm コメントは受け付けていません。

「切り刻んでも飽き足らない奴」――。過激で辛辣なこの言葉は、
ほかならぬ蓮如上人の仰せです。
 温厚な上人を知る人には、信じられないでしょう。しかし、
そばに居合わせたお弟子の記録を読めば、蓮如上人の、さらなる
真実に対する厳しさ、潔癖さが知らされます。
 文明五年の冬、吉崎御坊(福井県)で、何が起きたのか。
 親鸞会で、話を聞くことができました。

■浄祐(奥州)の異安心

 蓮如上人が、吉崎御坊(福井県)へ入られて2年後の文明五年、
早くも御坊内は参詣者であふれ、活況を呈していました。
「加賀・越中・能登・越後・信濃・出羽・奥州七箇国より、
彼の門下中、この当山へ、道俗・男女参詣をいたし、群集せしむる」
(1帖目7通)と、『御文章』にあるように、東北からも、
多くの参詣者があったと分かります。

 その中に、浄祐という男がいました。浄土真宗の僧侶でありながら、
土蔵秘事に陥り、大勢の門徒を迷わせていました。
 土蔵秘事とは、聖人の長子・善鸞が関東で、「オレは、父上から、
秘密の法文を伝授された。この法によれば一晩で信心獲得できる」と
言い出した邪説です。今なお、秘密主義の異安心として根強く
潜行伝播し、真宗の盛んな地では、必ずといっていいほど暗躍しています。
 後生の一大事に悩み、早く信心獲得したいとあせる門徒に近づき、
「聴聞しているだけでは救われない」
「信心獲得するには、コツがある」
などと吹き込み、犠牲者を拡大しているのです。
 しかし浄土真宗には、他人に言えない秘密など一切ありません。
信心について「これは秘密だ」などと言う者は、土蔵秘事に
間違いないといっていいでしょう。
 その土蔵秘事の異安心に染まった浄祐が、奥州から吉崎へ来た目的は
何なのか。遠路いとわず、東北から参詣する仏縁深い門徒を地獄へ
引き込む魂胆か。
 次回に、続けます。

Comments are closed.