浄祐の仏縁をも念じられ

8月 2, 2012 - 11:41 am コメントは受け付けていません。

■浄祐、その後

 前回に続き、親鸞会で話を聞いてきた蓮如上人と浄祐との
やり取りを続けたいと思います。

(◆前号の粗筋)

 蓮如上人が布教を始められた吉崎御坊(福井県)は、
日本各地から参詣者が群参、門前市をなす活況を呈して
いた。その中に、浄土真宗の僧侶ながら土蔵秘事を始め、
大勢の門徒を迷わせていた奥州の浄祐という男も参詣
していた。蓮如上人は浄祐を見られて、「切り刻みても
あくかよ」と、怒りをあらわにされた。

(本文)

 浄祐は果たして、生きて帰れたのでしょうか。
 上人が、あれだけ激怒されたのですから、弟子たちも
黙っていなかったに違いありません。
 ところが、『蓮如上人縁起』には、このような記述が
残されています。
「浄祐下向の後、一通の御文をしたためて、奥州の同行へ
下さる。もしかの浄祐、時節到来せば、悔改せまじきもの
にもあらずと、仰られき」
 浄祐は、東北へ帰っていきました。
 親鸞聖人のお言葉を説かれる蓮如上人のご説法を聴聞し、
浴びるように諭されて、放免されたのではないでしょうか。
結末は見えてきませんが、浄祐の後ろ姿に蓮如上人は、
「あの者も、時節到来すれば、悔い改めるだろう」
と仰っているのが分かります。
 ただこの上人の怒りは私憤ではありません。真実を
ネジ曲げた大罪への怒りからです。その罪は厳しく糾弾
されましょうが、重罪を犯した者にも、弥陀の照育により、
いつかは悔い改めるだろう、いや、早く、真実に向かって
もらいたいと、ひとえに浄祐の仏縁を念じられる上人の、
底知れぬ慈愛が伝わってくるようです。

Comments are closed.