履物を脱がない先に、法施。

11月 29, 2009 - 9:34 pm コメントは受け付けていません。

 今回は、蓮如上人のお側に仕えたお弟子の道西について、お話しましょう。
 『御一代記聞書』(蓮如上人の言行録)に残されているエピソードです。

 ある時、蓮如上人が、法語を書いて道西に与えられました。道西の喜びは大変なもので、
早速、表具をし、箱の中に入れて、大切に保管します。
 ところが、しばらくして蓮如上人が、そのことを知られるや、
「そんなことをしたのでは意味がないではないか。常に、見えるところに掛け、心を正して、
聞法の指針にしなければ」
と戒められています。(『御一代記聞書』二八七)
 蓮如上人から、直筆の法語を頂いたならば、家宝として大切にしたい気持ちが出てくるのは
当然といえましょう。
 しかし、蓮如上人は、
「一日も片時も急いで、信心決定してくれよ」
の御心であられたことが知らされます。

 また、このようなエピソードも伝えられています。
 ある人が、道西の家を訪ねた時のことです。
 まだ玄関先で、履物さえ脱いでいない先に、道西はその客に、仏法の話を始めたと
いわれます。
 そばにいた人が驚いて、
「なぜ、そんなに急がれるのか」
と尋ねると、道西は、
「吐いた息が吸えなかった時が、後生。しかも、それは明日かも知れない無常の世の中だ。
もし履物を脱がないうちに最期を迎えたらどうするか。仏法のことは、急がねばならない」
と答えています。(御一代記聞書一九八)
 蓮如上人は常に、
「後生の一大事の解決を、急げ、急げ」
と教えられます。
 道西は、蓮如上人の仰せの通り、実践し、人にも呼びかけていたことが分かります。
 悲しいことですが、朝には紅顔あって、夕には白骨となれる身が私たちです。
 だからこそ、誰の人も早く、後生の一大事を心にかけ、聞法精進せよと教えられるのでしょう。

Comments are closed.